バックナンバー

2007年9月23日 O.A.

第49回:吉田恭子

ヴァイオリニスト、吉田恭子。一流のフルオーケストラを後ろに従え、ソリストとして活躍する実力をもつ。

つややかな音色、そして高度なテクニックを要する楽曲を涼しい顔で弾きこなす。それに輪をかけて飛び切りの美人。今、もっとも注目されるヴァイオリニストの一人。

桐朋学園大学音楽学部を卒業後、文化庁芸術家海外派遣研修生として、英国ギルドホール音楽院、さらに米国マンハッタン音楽院へ留学。巨匠アーロン・ロザンドに師事。ニューヨークを拠点に多岐にわたる演奏活動を行い、数々の賞を受賞。そして2001年、2枚同時リリースによるCDデビュー。

そんな一線級の演奏活動のかたわら、吉田には、今、心静かに燃えていることがあるという。「もっとたくさん心を育てる時間を作りたい。」・・・