バックナンバー

2008年1月13日 O.A.

第65回:佐野史郎

俳優、佐野史郎。1955年、島根県生まれ。

3歳の頃からバイオリンを始め、その後、ウクレレ、ドラムなどをかじったという。中学3年の時にはギターに目覚めてバンドを結成。19歳で上京。本格的に芝居を始めたが常に彼の手からギターが離れることはなかった。
1980年、唐十朗率いる状況劇場へ参加。その頃ギターを通じて遠藤賢司と知り合い当時バンド仲間であった俳優・嶋田久作などとバックバンドを務めることとなる。
更に遠藤を通じ「ZIPANG」で知られる映画監督・林海象と出会い、初の映画主演を務める事に。人生のきっかけにいつもギターがあった。

52歳の今まで、佐野は常にロックと一緒だった。
ギターが変えた俳優人生。永遠のロック青年、佐野史郎の今を追った…!