バックナンバー

2008年5月25日 O.A.

第84回:鮎川誠

シーナ&ロケッツ、ギタリスト鮎川誠。

1970年代はじめ、福岡でバンド活動をしていた鮎川が、その時知り合ったシーナと結婚。上京し、1978年30歳でシーナ&ロケッツを結成。シングル「涙のハイウェイ」でデビュー。シーナのパワフルでキュートなボーカルと鮎川誠のロックスピリット溢れるギターパフォーマンスでROCK KIDSを魅了。以来、多くのアーティストにリスペクトされ、日本のロックシーンを牽引する存在であり続けてきた。

そして今年、シーナ&ロケッツは結成30周年、鮎川は還暦を迎える節目の年となった…!
常に変わらずに走り続ける、日本ロックシーンのカリスマ、鮎川誠の決意とは…!?