バックナンバー

2008年6月1日 O.A.

第85回:服部隆之

作曲家、服部隆之。

服部良一、服部克久、共に日本の音楽史に多大な影響を与え続けている2人の作曲家。そんな音楽一家に生まれた3代目。

パリ国立高等音楽院を修了し、1988年に帰国後、ポップスからクラシックまで幅広いアーティストのアルバム、コンサート等の編曲を手がける。そして作曲家として映画においては96年「蔵」98年「誘拐」・「ラヂオの時間」の3作品が日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。その後、ドラマ・映画・舞台など、多岐に渡る音楽ジャンルで幅広く活躍する。

今年、作曲家として20年目の節目を迎えた服部隆之の活動に密着取材!
日本の歴史と共に歩んできた服部一族の音楽の系譜に迫る…!