バックナンバー

2008年6月22日 O.A.

第88回:宮沢和史(GANGA ZUMBA)

ミュージシャン、宮沢和史。

1989年、THE BOOMのボーカリストとしてデビュー。代表曲の一つ「島唄」は、日本のみならず、アルゼンチンでの大ヒット後各国のミュージシャンに次々にカバーされ、国境を越え世界に広がり続けている。

1999年にはソロ活動をスタート。THE BOOMの活動と並行しながら、ソロとしても中南米やヨーロッパなど各国を巡り、自分のやりたい音楽を追及してきた。

そんな宮沢がデビューから19年かけて見つけた答えの一つが、2年前に結成した多国籍のメンバー11人からなるバンド・GANGA ZUMBA。14年前ボサノバに衝撃を受け、ブラジル音楽にのめり込んだ宮沢が、この歳月をかけて辿り着いた音楽。

宮沢和史が音楽の旅路を経て見つけたものとは…