バックナンバー

2008年7月27日 O.A.

第93回:SOFFet

ヒップホップかと思いきや、ジャズプレイも見せる。さらに、しっとりとしたポップスも聴かせる…スウィング・ラップ・ユニット、SOFFet(ソッフェ)。

小学校6年生からの友達であるYoYoとGooFが15歳の時に結成、独学で作曲を始める。98年、17歳にしてメジャーレーベルの全国オーディションで最終審査まで突破。翌年、YoYoは渡米、名門校・バークリー音楽院にて修学。その間GooFは日本で音楽活動を続け、着実にファンを増やしていく。YoYoが帰国後、リリースしたミニ・アルバムが話題となり、2003年22歳の時にメジャーデビュー。

その音楽性は、先輩ミュージシャンからも認められ、佐藤竹善、モンゴル800、スキマスイッチ、小曽根真など、15組もの様々なジャンルのミュージシャンたちとコラボレーションしてきた。

ライブではDJスタイルからアコースティック、さらには自ら楽器を弾きながらラップをする…そんな独自の音楽を作り出すSOFFetに密着!