バックナンバー

2009年01月25日 O.A.

第119回:神保彰

ドラマー、神保彰。

1980年、伝説のフュージョンバンド「カシオペア」のドラマーとしてデビューして以来、常に音楽シーンのトップを走り続ける。

1999年、英ドラム誌“RHYTHM”読者人気投票第2位。2000年、米ドラム誌“MODERN DRUMMER MAGAZINE”は表紙に神保を起用、特集を組んだ。そして2003年、リズム&ドラム・マガジン読者人気投票において、堂々の1位を獲得。更に2007年、ニューズウィーク誌「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた。
そんな神保のことをファンは「神」と評する。

現在、ソロ活動のほか「熱帯JAZZ楽団」や「PYRAMID」など、様々なユニットでも精力的に活動。驚異的な演奏テクニックとモダンテクノロジーの融合による前人未踏のパフォーマンスは見る者を圧倒する。

「神」と称される日本のカリスマドラマー神保彰が、この先目指すものとは…?