バックナンバー

2009年02月22日 O.A.

第123回:塩谷哲

ピアニスト、塩谷哲。通称ソルト。

東京芸大在学中にスカウトされ、オルケスタ・デ・ラ・ルスのピアニストとしてデビュー。世界各地での実績が認められ、国連平和賞を受賞し、米グラミー賞にもノミネートされた。1993年よりソロ活動を始め、数年に渡り『SALT BAND』を率いて活動。さらに1995年、佐藤竹善とのユニット『SALT&SUGAR』を結成。毎年ライブを行ってきた。

そして今ではJ-POP界を中心にオファーが殺到。一度共演した者は、皆が口を揃えて「塩谷のピアノは歌っている」と言う。ポップスやラテン音楽だけでなく、彼のピアノは一流のジャズピアニストも一目置く存在。

彼の元へは音楽のジャンルにとらわれず様々なミュージシャンから依頼が殺到する。
プロがホレる人気の秘密はドコにあるのだろうか!?