道満雅彦

1995年1月17日に起こった
阪神淡路大震災。
壊滅的なダメージを受けた神戸の街で、
いち早く再出発を誓った男性がいました。
オリバーソース社長、道満雅彦さん。

さて、音楽が大好きで14才の頃から
サックスを始めたという道満さん。
実は、このサックスが被災生活の中で
唯一の慰めになってくれたとか。
しかし、これがなかなかの強敵なようで。
「いつまでも片思い」は、それだけ情熱が強い証拠。
そして、神戸の街にも
ジャズがあふれる日が帰ってきたのです。
フラッと楽器を持ってきて、楽しめる神戸の街。
素敵ですね。
これからも、そんな神戸の為に頑張って下さい。
音遊人、道満雅彦。