たまっころ日記

第13回 2006年12月24日 O.A.

稲垣潤一さん

こんにちは“たま”です^-^
皆さん楽しいクリスマスを過ごせましたか?♪ケーキ食べましたか?“たま”は自宅でキャンドルを点けていたのですが、気付いたらそのキャンドルの火がなんかスゴイ強くて、キャンドルスタンド(プラスチック製?)が溶けていました(笑)
キャンドルのサイズとスタンドのサイズが合ってなかったんだな、きっと(^-^;)しかも、そのキャンドル、5年前くらいに友達からお土産でもらった物です (^-^;)キャンドルって使用期限とかあるんですかね…?湿度温度を保てばOKそうな気はしますが。どうなんでしょう??

さて、クリスマスイヴのOAということで、稲垣潤一さんに♪「クリスマスキャロルの頃には」を歌って頂きました(^-^)♪実はあの撮影の前日は仙台らしい結構な寒さで、スタッフは少し心配していたのですが、当日は仙台らしからぬ暖かさで、無事撮影できたそう。
ファンの気持ちに応えて定番曲を歌い続けている稲垣さん、見た目はとてもクールだけど、とっても思いやりのある、そして故郷・仙台に対する「熱い想い」を持っている方でした。

仙台でのチャリティーコンサート(12/14宮城県民会館にて行われました)、素敵でしたね♪皆さん故郷を愛しているのが伝わってきます(´ー`)“たま”の故郷は新潟ですが、こんなコンサートあったらいいなぁって思います。

仙台市中心部の定禅寺通りと青葉通りのケヤキ並木では、数十万個に上る数の電球が点灯するイルミネーションイベント「光のページェント」があるんだそうです。
1日に何度か点灯の瞬間があるとのことで。(決まった時刻に一度消えて、再び点くらしい。ちょっと不思議なイルミネーションだ/笑)点灯の瞬間を初めて見たスタッフは感動(w^o^w)稲垣さんも「キレイだねぇ〜」とご満悦の様子でした(^-^)

仙台といえば牛タン!せめて駅弁だけでも…とスタッフは帰りに牛タンの駅弁を購入〜。するとビツクリ!お弁当に付いている紐を引っ張ると、お弁当が温かくなるという仕掛けが!そんなの当たり前だよぉと思ったあなた、“たま”もその仕掛け弁当に出会ったことはありません(+_+;)え、遅れてるって?まぁ何はともあれ、牛タンが食べられて (o^-^o)なスタッフだったとさ。

たま