たまっころ日記

第122回 2009年2月15日 O.A.

清春さん

こんにちは“たま”です^-^
2月に入ってから東京も寒いです。周りにあまりにも風邪っぴきが多いので、うつらない方が奇跡なんじゃないかと思っていたら…まんまと風邪ひきました(^-^;)皆さんも気をつけてくださいね。

さて、今回は清春さんです。
取材の始まりは、2008年12月、大阪での年末ライブです。順調にライブは進み、終盤に差し掛かった頃。アンコールの前に、舞台袖で撮影をしていたディレクターに近寄る清春さん。何を話すのかと思うと…。「I泉さん(ディレクター)、今日みんなに、みゅーじんに出るよって言っても良い?」と。“今、自分の側に居るファンの子が一番大事”と話す清春さんだから、みゅーじんに出ることを、一番初めの取材の日に、ファンの皆さんに報告したかったんだそうです。

そしてライブも終わり、その後行なわれた打ち上げにも参加させて頂きました。30日のお昼から、31日の深夜に及ぶ長時間の取材。清春さん自身とても疲れているはずなのに、「カメラ頑張るよねぇ」と褒めてくださったり、さらには、パパの先輩として、ディレクターの相談にものってくださいました。食事が運ばれてくると「皆さんも働いたんだから、ちゃんとご飯も食べてよ!」と。そして、清春さんがスタッフの目の前に用意してくれた食事は、スタッフ3人に対して、6人分はある量…しかし、ペロリときっちり完食させて頂きました☆ごちそうさまでした!

清春さんの経営するショップへ同行させて頂いた日のこと。そこでスタッフはかわいい洋服を発見したのです…今、そのスタッフは購入するべく、お金を貯めているところです!がんばれー(笑)

そして、新曲レコーディングでの1コマ。「歌詞が浮かばない‥」と言いつつも、そこはプロ。筆を動かし、いろいろな言葉を並べて組み立てていきます。そんな中、清春さんから「海外に行こうかな」という発言が。なんでも、自然がいっぱいで、空気がおいしくて、癒される場所を探しているそうです。今年はまとまったお休みがとれると良いですね!新曲も楽しみです♪

たま