作成 1973年11月1日
改訂 1981年10月1日

放送番組編成基準

1. テレビ東京は平和な世界の実現に寄与し、日本文化の向上をはかり、産業と経済および科学の発展、公共の福祉に貢献することを目的とする。

2. この目的のために放送番組は教育、教養番組と娯楽番組および報道番組をそれぞれ調和を保つよう企画編成することを基本方針とする。

3. この基本方針にもとづき、放送番組を次の基準によって編成する。

(1) 教育番組

家庭および社会における成人、青少年、児童に対して学問一般、科学、芸術、技芸などについて興味深く実益をもたらすようにする。

(2) 教養番組

国民生活および国際事情等についての知識を高め、円満な常識と豊かな情操を養い、文化の向上をはかることを目的として、楽しくて格調の高いものとする。

(3) 娯楽番組

大衆の社会生活に調和する健全、かつ良識にもとづく慰安を提供し、生活内容を豊かにするものとする。

(4) 報道番組

テレビの特性を生かし、事実を客観的、かつ公正に報道または解説し、情報社会における適格な判断の素材を提供する。

(5) 広告

広告放送は真実をつたえ、誠実を守るとともに品位をそこなわず、関係法令に従って社会的責任を負いうるものとする。

4. 個々の放送番組および広告の企画、制作、実施にあたって守るべき基準については「日本民間放送連盟放送基準」によるものとする。

ページの最初に戻る