原 良馬

原 良馬“ご意見番”

解説 原 良馬

Q. 記憶に残る1頭は?

1頭に絞るのは難しいが、番記者として身近に接していた昭和50年の日本ダービー馬
「カブラヤオー」デビュー2戦目からダービーまで8連勝、逃げて逃げて2冠達成。それもダービー史上過去にないハイペースでの逃げ切り勝ち。セリ市で300万円でも売れ残った馬だっただけに今でも記憶に残る。

Q. 得意な(よく買う)馬券の種類

馬単:1番人気の2着固定が好配当になるので
3連複:4頭のBOX買い(4点)か、1頭軸の相手3頭に絞って3点買い

Q. 好きな競馬場は

東京競馬場と新潟競馬場
直線が長く、各馬持てる力を発揮できて紛れが少ない。
実績展開重視の人向きの競馬場だと思う。

Q. 得意なレースの条件

特に無いが強いてあげれば実力のある馬が上位に来る確率の高いレース
高い条件クラスの特別戦、定量での争いとなるGIレース

原さんはどんな人

すごく優しい方です。競馬のことでわからない所を質問すると丁寧に教えてくれます。それに、とても“お元気”です。オンエアーの後「すぐ北海道に行かなきゃ!競馬の仕事があるんですよ」ということがよくあります。フットワーク軽いですね。そして何よりも笑顔が素敵です。〔立花優美〕

本命2着付けの馬単が好きな人 (だから予想の印はハズレても馬券は結構当ててる)〔矢野吉彦〕

コメント (0)