吉沢宗一

吉沢宗一“美味しいものしか食べません”

パドック解説 吉沢宗一

Q. 記憶に残る1頭は?

今年のクラシックを見ていて、ある馬の思い出が強くよみがえって来ました。
自分が乗せてもらった馬で恐縮ですが、萩本欽一さんがオーナーだった「パリアッチ」
皐月賞8着、ダービー9着とクラシックでは惜しい着順だったのですが、皐月賞の前哨戦からレース中に落鉄するようになり、本番の皐月賞でも蹄鉄を落として走っていました。
ダービー前の追い切りでも鉄が落ちるようになり、ダービーの時には蹄鉄を止める釘を打てるツメの部分が殆ど無くなってました。落鉄覚悟のレースとなったダービー。やはりレース後2本の蹄鉄が落ちていました。力を出し切れなかったパリアッチの不運、そしてうまく対応できなかった自分にもの凄く悔しい思いをしたものです。
ディープインパクトは釘を使わずに特殊な接着剤で蹄鉄を固定し、見事に2冠制覇。
当時、その技術があれば…
パリアッチももう少し違う結果が出せたかも知れません。

Q. あなたが選ぶ日本競馬史上最強馬は?

マルゼンスキーの強さには唖然とした記憶があります。パワーもスピードもケタ違い。外国からの持ち込み馬ということもあり、‘日本馬3頭分くらいのパワーとスタミナがある、という感覚を持ちました。

Q. 現役ジョッキーの皆さんに一言

レースを見ている側から言わせてもらえれば、守りのレースよりも、攻めのレースをした方がわかり易く見やすい。よしんば負けたとしても、見ている人ファンは納得するように思える。

吉沢さんはどんな人

見た目はお酒好きのおじさんだが、元騎手の目から見たレースの勝負どころを読む力は凄い!〔矢内浩美〕

吉沢さんスイマセン『超可愛いです!!』。常にいたずらっ子の様な行動をとっているので。でも、吉沢さんの注目馬はいつもいい走りをするので、“ジョッキーの目”ってスゴイと感動してしまいます。〔水原恵理〕

コメント (0)