最新ニュースと株価情報 昼サテ

月~金 午前111311 35

梶山経産大臣 東芝の対応待つ考え 6月11日(金)

去年の東芝の株主総会で、東芝と経済産業省が連携し、一部の株主に不当な影響を与えた、と外部の弁護士らが報告書をまとめたことをうけ、梶山経産大臣はきょう、断定の根拠が明らかでないとしたうえで、東芝の対応を待つ考えを示しました。 梶山経産大臣【どのような根拠に基づいて断定しているのか必ずしも明らかではない(東芝は)会社としてその辺を明らかにした上で対応すると思うので、もし同じようなことであれば(経産省も)対応していくということになると思う】 東芝はきのう、報告書の内容を検討したうえで、後日対応を開示するとのコメントを出していて、経産省は、 東芝の動きを待ってから対応を検討する考えです。去年の東芝の株主総会について外部の弁護士らがまとめた報告書では、東芝と経産省が連携して、株主の権利の行使を事実上妨げたとして、総会の運営が公正ではなかったと結論付けています。

バックナンバー

ニュース 一覧ページへ