きょうが始まる経済ニュース Newsモーニングサテライト

NYマーケット 休場明けのNY市場 一時大幅下落 12月7日(金)

世界的に株安の流れが続く中、休場明けとなったNYの株式相場も大きな下げとなりました。中国の通信機器大手ファーウェイの副会長逮捕をきっかけに米中の対立激化の懸念が再燃し、ダウは、現在は下げ幅を縮小しているものの、一時800ドル近く下げました。休場前の4日と合わせた下げ幅は1,000ドルを超えていて、首脳会談を経て米中の対立が和らぐとの見方が一気に後退しています。NYの株価終値を確認します。ダウは79ドル安の2万4,947ドル。ナスダックは29ポイント上昇の7,188。S&P500は4ポイントマイナスの2,695でした。

マーケット バックナンバー

マーケット 一覧ページへ

  • ライブ配信はじめました!モーサテはテレビもネットも月~金 朝5時45分から!