きょうが始まる経済ニュース Newsモーニングサテライト

トランプ大統領 G20で米中首脳会談へ 5月14日(火)

アメリカのトランプ大統領は13日、アメリカと中国の通商問題をめぐり、6月に大阪で開かれるG20=20の国と地域の首脳会合で中国の習近平国家主席と会談することを明らかにしました。「日本で行われるG20会合で(習主席と)会う実り多き会談になるだろう」トランプ大統領は、記者団に対してこのように語り、アメリカと中国の通商問題をめぐって中国の習近平国家主席と直接会談した上で、交渉を前に進めたい考えを示しました。また、トランプ大統領は、知的財産権の侵害を理由とした中国への制裁関税の第4弾として、3,250億ドル=日本円にしておよそ35兆円の中国製品に対し新たに追加関税を課す用意があることを改めて示しました。アメリカの通商代表部は、まもなく、新たな制裁措置の対象品目案などを公表する予定です。これには、アイフォーンなどのスマートフォンや、パソコン、おもちゃなどの生活必需品が多く含まれる見通しで、第4弾の制裁措置が実施されれば、アメリカが中国から輸入するほぼすべての製品に、追加関税が課されることになります。これに先立ち中国政府は13日、600億ドル=およそ6兆5,400億円分のアメリカからの輸入品に課している追加関税を引き上げると発表しました。去年9月に「5%または10%」の関税を上乗せしていましたが、「5%から25%」に引き上げ、来月1日から適用します。対象はLNG=液化天然ガスや食料品、衣料品など5,140品目です。王毅外相は13日、訪問先のロシアで記者会見し、対抗措置の正当性を強調しました。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ

  • ライブ配信はじめました!モーサテはテレビもネットも月~金 朝5時45分から!