新しい時代に、新しい経済を Newsモーニングサテライト

コロナ飲み薬 低所得国で普及へ メルクがライセンス契約 10月28日(木)

アメリカの製薬大手メルクは27日、開発中の新型コロナの飲み薬「モルヌピラビル」をめぐり国連が支援する公衆衛生組織MPP=医薬品特許プールとライセンス契約を締結したと発表しました。契約によって、幅広い地域でモルヌピラビルのジェネリック医薬品の製造が可能になります。また、WHO=世界保健機関が新型コロナを「公衆衛生上の緊急事態」に指定している間は特許の使用料は無料です。メルクは、105の低・中所得国でモルヌピラビルの普及が可能になるとしています。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ