きょうが始まる経済ニュース Newsモーニングサテライト

【プロの眼】下り坂の中国経済とどう付き合うべきか? 2018年11月14日(水)

中国景気について、投資、消費、輸出などほぼ全ての経済指標の矢印が下降局面に差し掛かっている。また、株安や通貨安も進行している。特に、中国経済の大黒柱である固定資産投資の失速はもはや止めようとすることができない。中国の雇用や個人消費は投資と消費に依存しているため、投資バブルの崩壊による個人消費への影響は短期的には避けられない。こうした中国を観ていく上で必要なのは「中国の景気減速を容認すべきこと」といいます。解説はAIS CAPITALの肖敏捷氏。

特集 バックナンバー

特集 一覧ページへ

  • ライブ配信はじめました!モーサテはテレビもネットも月~金 朝5時45分から!