【プロの眼】海外投資家 日本株へのスタンスに変化は? 11月13日(水)

毎月バンクオブアメリカが実施している機関投資家アンケートで今月投資家が漸く強気に転じている。投資家の株式への配分は、今月急上昇し、2018年11月以来の高水準となった。一方、日本株は引き続き人気が無い。投資家は日本株の配分をアンダーウェイトから中立に戻したに過ぎない。ただ、欧米株と比べると、日本株はまだ割安である。ただ、今後貿易戦争改善に対する期待が継続すれば、割安の日本株に資金が回る可能性がある。日本株への資金回帰が本格化する条件をどう見るか、注目点などを解説する。解説はバンク・オブ・アメリカの山田修輔氏。 

特集 バックナンバー

特集 一覧ページへ

  • ライブ配信はじめました!モーサテはテレビもネットも月~金 朝5時45分から!