きょうが始まる経済ニュース Newsモーニングサテライト

【輝く!ニッポンのキラ星】パンフォーユー 7月28日(火)

地方のべーカリーのパンを冷凍して、都心の企業のオフィスに配達するサービス「オフィス・パンスク」。パンは定期的に届けられ、月変わりで8種類、価格は月3万円から。パンのサブスクリプションサービスだ。サービス開始以来導入する企業は増え続け現在は三井不動産など、150社以上にまで広がっている。このサービスを生み出したパンフォーユーの矢野さん。都心に比べ安い地方ベーカリーのパンを、価格が高くても需要がある都心のオフィスで販売することを思いつき、3年前にパンフォーユーを設立した。同社は、地方から都内にパンを運ぶため、冷凍しても風味や鮮度を逃さない特殊加工を施した袋を開発。パンフォーユーの技術で30日冷凍したパンと、常温保存で1日たったパンを比較したところ、冷凍のパンはデンプンの質、水分量ともに同等以上であることがわかった。レンジで40秒ほど温めるだけで、まるで焼きたてのような味わいに。また、冷凍するため、パンを作る時間を選ばないのもメリット。店に出すパンとは別の時間に作れば、設備を有効に活用できる。提携しているべーカリーは地元群馬から全国30店以上に拡大。そして今年の2月にはネスレ日本と提携。ネスレ「ネスカフェ アンバサダー」と連携し、さらなる事業の拡大を目指す。矢野さんは「新しいパンの経済圏をつくることによって地域経済に貢献したい」と語る。

特集 バックナンバー

特集 一覧ページへ

  • ライブ配信はじめました!モーサテはテレビもネットも月~金 朝5時45分から!