新しい時代に、新しい経済を Newsモーニングサテライト

国連も認めた“脱炭素”新素材【輝く!ニッポンのキラ星】 7月20日(火)

2010年に創業した兵庫県川西市にあるGSアライアンスは、環境やエネルギー分野の先端材料の開発・販売を手掛けるスタートアップ企業。 森良平社長は、大学卒業後は家業であるインク製造会社に入社したが、これからは環境問題と考え社内ベンチャーとして起業。国連の関連機関が去年、世界624社の中から環境問題に「革新的なソリューションを持つ」企業として挙げた5社に選ばれた。 選考理由は数年で分解される100%生分解性プラスチック。天然プラスチックは製品化が困難だったが、天然添加剤やセルロースナノファイバーを入れて、天然100%のまま成形までできるようにした。 2年前に材料や製品の発売を開始し、現在10ヵ国と契約が進んでいる。生分解性プラスチックを使ったネイルチップも去年、世界で初めて販売。新たに、国連機関と海藻を生分解性プラスチックの原料にする取り組みを始めている。

特集 バックナンバー

特集 一覧ページへ