新しい時代に、新しい経済を Newsモーニングサテライト

高級シルクが家庭で洗える? 滋賀・長浜市 紡績メーカー【輝く!ニッポンのキラ星】 9月14日(火)

佐藤繊維では、通常は家庭用洗濯機洗いが出来ないシルクを使用した、通常のものより2倍以上の価格の腹巻きレギンスを販売している。このレギンスに使われているのがプライムシルクという去年発売された特殊な糸。このプライムシルクを製造するのが中川絹糸。プライムシルクは繭から長い1本の生糸を取り出すのではなく、ほぐして綿状にしたものをねじり合わせた絹紡糸というもの。製造方法は、繭を釜に入れ、特殊な酵素が入った液体に10時間つけ込むと光沢が出てくる。さらに光沢を出すため、糸を火であぶる。最後に特殊な液体につけ繊維を結合させて、洗える強さをもたせ、乾燥させて完成。プライムシルクを使った製品はマスクや寝具など日用品にまで広がっている。中川絹糸は創業から和服向けの絹紡糸を作っていたが、和服の需要低迷と海外からの低価格製品により市場が悪化。そうした中で中川絹糸は洋服に向いた新たな糸を開発し、オーダーメードの糸づくりへシフトした。2015年にはパリコレでイッセイミヤケの作品に糸が採用され、海外ブランドへの供給も増加。現在はバイオの技術を使った繊維も研究している。

特集 バックナンバー

特集 一覧ページへ