新しい時代に、新しい経済を Newsモーニングサテライト

筑水キャニコム【輝く!ニッポンのキラ星】 9月21日(火)

福岡県にある右田果樹園では四輪駆動の草刈り機まさおが使用されている。1000平方メートルの草を刈るのに刈払い機だと半日かかるところを、15分で刈り取ることができ、二輪では難しい、坂道や悪路でもスムーズに稼働。有名人になぞらえたネーミングでものづくり日本大賞にも選ばれ、年間3,000台以上を売り上げている。この草刈り機を製造するのが福岡県うきは市にある筑水キャニコム。草刈り機などの農業機械や林業で使う運搬車などを製造。世界51ヵ国と取引をおこない、9年連続で増収増益が続いている。会社の特徴はキャッチーなネーミングで、日刊工業新聞社「読者が選ぶネーミング大賞」を15年連続で受賞。命名は親である会長が行い、社長はそれ以外のほぼすべてを管理している。新製品開発のキモとなっているのが直接顧客へ訪問し、ボヤキや困りごとを聞き取り調査すること。そこから細かいニーズをすくい取り、200種類以上の製品開発に繋がっている。現在、人が乗らずに遠隔操縦できる草刈り機の実証実験を進めている。

特集 バックナンバー

特集 一覧ページへ