新しい時代に、新しい経済を Newsモーニングサテライト

薬剤師の力を生かそう 街の保健室を目指す【大浜見聞録】 10月14日(木)

競争が激化する調剤薬局。生き残りをかけて患者に新たなサービスの提供をはじめている。神奈川県横須賀市のわかば薬局では2016年創業のカケハシが開発したMusubiというシステムを導入。薬の種類や量の増減や副作用の説明など患者にとって重要なものを提供。さらに、新たな売り方も。零売といわれ、1万5千種ある医療用医薬品の半分は、薬剤師が対面で販売できる。病院に行く程でもない症状の人や、アレルギーの薬、漢方などセルフメディケーション目的の客も。新たな調剤薬局の形を取材。

特集 バックナンバー

特集 一覧ページへ