【モーサテStyle】心に届く花「シンビジウム」 11月12日(火)

上質な生活のヒントを届けるモーサテスタイル。火曜日は心に届く花。会社の同僚が家を建てたので、新築祝いに花を贈りたい。一世一代の買い物にふさわしい、豪華で家のどこに置いても映える花がいい。お薦めされたのは贈り物にふさわしい洋ランの一種「シンビジウム」大ぶりな花が豪華で、大変持ちがいいため、新居に飾っておける期間が長い。ギリシャ語で舟と形という意味で花弁を舟に見立てて名付けられている。今回はパープルのアスター、トルコギキョウ、リモニウム、キイチゴと組み合わせる。パープルとイエローの華やかなコントラストに、紅葉したキイチゴを添えて秋らしさも演出。家のどこに置いても明るく映える、シンビジウムのブーケ。紫色の大ぶりなアスターを組み合わせることで黄色のシンビジウムが引き立ち、豪華な印象に。長持ちするブーケは多くの人たちを迎え入れてくれるだろう。今日もあの人に心に届く花を。

モーサテStyle バックナンバー

モーサテStyle 一覧ページへ

  • ライブ配信はじめました!モーサテはテレビもネットも月~金 朝5時45分から!