国民民主党が党大会 党勢拡大へ「正念場」 1月12日(土)

国民民主党はきょう党大会を開き、参議院選挙や統一地方選挙が重なる今年を、党勢拡大に向けた「正念場」として活動していく方針を決定しました。きょう採択した活動方針では、夏の参議院選挙について、「自民党・公明党を過半数割れに追い込む絶好の機会」だと強調しました。ただ党の支持率は結党以来1%前後と低迷していて、活動方針では大型選挙が続く今年を「党にとっての正念場」と位置づけています。一方、厚生労働省の勤労統計調査が不適切に行われていた問題について玉木代表は、「通常国会の召集を早めて議論を始めるべきだ」との認識を示しました。

バックナンバー

ニュース 一覧ページへ