米中通商協議始まる 2月11日(月)

アメリカと中国の貿易問題をめぐる協議が、きょう、北京で始まりました。交渉期限まで残り1ヵ月を切る中、両国がどこまで歩み寄れるかが焦点です。協議はアメリカからUSTR=通商代表部のゲリッシュ次席代表が、参加して、中国の商務省で始まりました。会場には、中国の交渉責任者・劉鶴副首相の姿もみられました。アメリカが中国に対し、次の制裁関税を科す交渉期限が3月1日に迫る中、中国による知的財産権の侵害などを含む懸案について、集中的に議論する方針です。その上で、中国が、アメリカが納得する条件を示せるかが焦点となります。両国の協議は、14日からムニューシン財務長官なども参加する閣僚級に格上げして継続する予定です。

バックナンバー

ニュース 一覧ページへ