米ファイザー コロナワクチンの使用許可を申請 11月21日(土)

アメリカの製薬大手ファイザーは20日、開発中の新型コロナワクチンの緊急使用許可を申請したと発表しました。欧米メーカーによる新型コロナワクチンの許可申請は初めてです。ファイザーの許可申請についてアメリカのアザー厚生長官は会見で、「食品医薬品局が数週間以内に使用許可を決定する」と述べました。緊急使用が許可された場合、アメリカ政府は24時間以内に出荷させる方針です。ファイザーは今年中に5,000万回分を、来年は13億回分を製造する予定で日本にも1億2,000万回分を供給することで基本合意しています。

バックナンバー

ニュース 一覧ページへ