あなたと世界を経済でつなぐ WBS

月曜~木曜 10時 ~10 58
金曜 11時 ~11 58

激変! ニッポンの“新常識” 急成長中の“ある飲料”とは… 9月14日(火)

2020年の清涼飲料水市場は、家庭での需要が増えましたが、外出機会が減ったため、全体としては縮小しました。そんな中で濃縮タイプの飲料が、急成長しています。伊藤園では去年、初めて濃縮タイプの「お~いお茶緑茶」を発売しました。特徴は、持ち運びが楽、簡単・手軽にすぐ作れる。また、省スペースで収納できるのも人気の一つになっています。サントリーでは、コーヒーの濃縮飲料「ボス カフェベース」が、19年と比べると20年は、およそ4割増の販売となりました。ボトル1本で10杯分、1杯30円でコーヒーが飲めるという経済性もあります。日本コカ・コーラでは、新ジャンルの飲料を今年発売しました。水やお湯に入れると、あっという間に溶けるフリーズドライ飲料です。またパッケージに紙を使用することで、家庭のゴミも減らせます。在宅時間が増え、生活様式が変わりつつあるいま、飲料の常識も変わり始めています。

特集 バックナンバー

特集 一覧ページへ

  • Twitter WBS公式アカウント
  • トレンドたまご 商品情報募集中

WBS公式アカウントはこちら