経済ニュースをいち早く! ゆうがたサテライト

過少給付は約2,000万人 1月11日(金)

およそ2,000万人が給付金を減らされていました。 根本厚生労働大臣はきょう賃金などの動向を把握する「毎月勤労統計」の調査が不適切だった影響で、延べ1,973万人の失業や労災で受け取る給付金が本来の額より少なくなっていたと発表しました。 少なくなった可能性があるのは2004年以降に支払われた失業などに伴う雇用保険の給付金や労災保険や船員保険関連の給付金などで総額で567億5,000万円にのぼります。 政府は対象者の確認などの準備が整い次第、差額分を支給する方針ですでに閣議決定している来年度予算案の組み直しも検討しています。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ