経済ニュースをいち早く! ゆうがたサテライト

月~金 夕方4545 20

偽ブランド品 8割が中国から 9月6日(金)

偽ブランド品などを差し止めた件数は13年連続で1万件を超えました。 全国の税関でことし上半期に輸入を差し止めた知的財産権を侵害する物品の件数は、1万2,844件と1年前に比べ7.3%減少したものの引き続き高水準でした。 中国からのものが最も多く、83%を占めています。 水際で摘発された偽物は、ブランド品のバッグや財布などが最も多かったほか、CDやDVDなどの数が大幅に増加しました。 財務省の関税局は、「今後、オリンピック関連の商標権侵害物が増加するとみられ、留意していく」としています。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ