経済ニュースをいち早く! ゆうがたサテライト

都 休業要請めぐり詰めの協議 4月22日(木)

東京都は、緊急事態宣言の休業要請をめぐり、国と詰めの協議を続けています。 23日に宣言の発令が正式に決まれば、対象の施設などを速やかに公表します。 都内で22日、新型コロナウイルスの感染者が861人確認され、3月の緊急事態宣言の解除後の最多を更新しました。 都の会議で専門家は、感染者数が前の週に比べおよそ135%の割合で増え続けると4週間後に1日当たり2,140人の患者が発生するとの試算を明らかにしました。 (小池知事)「より強い対策を講じることが今やっておくということが必要になってくる」。 都は人の流れを徹底的に抑え込みたい考えで、宣言が発令されればテーマパークや大型の商業施設、カラオケ店などの遊興施設に休業要請を行うことを検討をしています。 飲食店については時短営業を継続し、さらに酒の提供をしないよう求める案が出ているということです。

ニュース バックナンバー

ニュース 一覧ページへ