←第22回  

第23回
『開運!なんでも鑑定団』 殺人事件

テレビ東京 6/20(水)20:54〜22:48
BSジャパン 6/17(日)21:00〜22:54
原作

木谷恭介 「「お宝鑑定」殺人事件」 双葉社刊

脚本
川嶋澄乃
監督
樹木雅彦
キャスト
天宮航平…赤井英和/近藤塔子…菊池麻衣子/近藤渚左…山口果林
高須耀司…谷隼人/高須紀久子…南田洋子/是枝肇…小倉久寛
菊地大輔…蛍原徹/野添ひろし…松崎しげる/野添香澄…多岐川裕美
<『鑑定団』出演者> 石坂浩二、島田紳助、吉田真由子、鑑定士の方々
あらすじ

  『開運!なんでも鑑定団』のアシスタントプロデューサーである近藤塔子は、番組の見学に訪れる母親・渚左を待っていた。本番直前に現れた渚左を観客席に案内すると、司会者の石坂浩二、島田紳助と吉田真由子が現れ、収録が始まった。依頼人の歌手・野添ひろしが,布がかかったお宝のワゴンとともに登場し、C57型のSL模型の鑑定を依頼する。塔子が渚左の様子を窺うと、彼女は凍りついた表情でその模型を眺めていた。そして、世界に一つしかないと思われるC57型のSL模型には、高額の鑑定結果が出た。
 その夜、塔子は渚左にあの模型は死んだ父・高須友弘のものではないかと問いただし、一枚の写真を差し出す。その写真には、C57型の模型を前に笑顔を向ける友弘の姿があった。しかし渚左は、塔子の勘違いだと言い張り、父親のことを知りたがる彼女を叱りつける。子どものころから父親のことを何も話してくれない渚左に、塔子は寂しさを感じるのだった。
 数日後、海上に浮かぶ男の水死体が発見された。福岡県警のベテラン刑事・天宮航平が現場に到着し遺体を確認すると、その男は歌手の野添ひろしであった。そして遺体の所持品とともに、空の木箱も見つかっていた。天宮は、部下の菊地刑事から、数日前に放送された『開運!なんでも鑑定団』に野添がお宝のSL模型を持って出演していたことを聞く。
 その頃、塔子はニュースで野添の死を知る。愕然とする彼女に、鑑定団のプロデューサーは、野添が鑑定の依頼をしてきたC57型のSL模型は盗品の可能性があることを告げる・・・・・・。