←第47回  
第48回
主婦探偵・河原綾子
のぞき見事件簿
テレビ東京 12/19(水)20:54〜22:48

BSジャパン 12/16(日)21:00〜22:54

原作

石原里紗 「ふざけるな専業主婦」 新潮OH文庫 

脚本
土屋斗紀雄
監督
杉村六郎
キャスト
河原綾子
村井ひとみ
河原和樹
野沢勝一
梨田敏彦
……
……
……
……
……
萬田久子
七瀬なつみ
田中健
本田博太郎
石丸謙二郎
 
あらすじ

  元キャリアウーマンの河原綾子は、リストラ後専業主婦となり、元同僚の村井ひとみと一緒に落し物から浮気調査まで引き受ける探偵をしている。ある日、ひとみと一緒にパーティに出席した綾子は、見知らぬ男に「野沢恵子さんですか?」と尋ねられる。人違いだと答えた後、トイレに行った綾子はそこで野沢恵子が胸を刺されて大量の血を流しているのに出くわす。悲鳴をあげた綾子の声にガードマンが駆けつけ、恵子は「この人に刺された」と綾子を指して息を引き取った。このため、綾子は警察で取り調べを受ける羽目になる。
 殺された野沢恵子は綾子たちと同じ団地に住む主婦で、事件の前日綾子たちのところに「夫が急に真面目になった」という変わった調査依頼をしていた。綾子はそこでちょっとした口論をしたのが動機と疑われるが、綾子の夫・和樹とその従兄弟で刑事をしている梨田のおかげで誤解は解け、釈放される。しかし、恵子がなぜ自分に刺されたと言って死んだのか疑問が残った。
 恵子の通夜に行った綾子は、恵子の夫・勝一とその同僚・大崎洋子が意味ありげな視線をかわしたのを見のがさず、野沢が急に真面目になった理由が洋子との不倫にあるのではと考えた。そして野沢の会社に行き、二人が不倫していた事実を確認する。野沢が洋子との関係を清算したために、洋子の恨みが恵子に向いたのではないか… 綾子は自分の推理を確信し、翌日、警察に犯人は洋子だと告げに行く。しかし、二人の不倫は捜査済みで、しかも恵子が殺された日の洋子のアリバイもはっきりしていた。梨田は、素人が首を突っ込まないよう綾子らに忠告する。
 綾子に事件のことを忘れさせようと和樹は綾子を箱根に誘った。2人は久しぶりに夫婦でのんびりと過ごす。しかしその旅先で綾子は、事件当日恵子と間違えて声をかけてきた男と洋子が一緒に歩いているのを目撃する。綾子は、もしや洋子があの男に頼んで恵子を殺させたのではないか?と新たな疑惑を抱く。
 ところが綾子が犯人かと睨んだ洋子は、翌日湖畔で遺体となって発見された。首には締められたあとがあり、警察は殺人事件と断定。綾子は箱根で撮った写真を持って警察に行き、男が内科医の倉橋正一であることを知る。殺された洋子は倉橋の患者だった。倉橋のアリバイは証明されていたが、綾子は倉橋に接近しようと、ひとみを患者として病院に潜り込ませる作戦を実行する…。