←第91回  
第92回
監察医 篠原葉月
死体は語る2
テレビ東京 11/20(水)20:54〜22:48 

BSジャパン 11/17(日)21:00〜22:54 

原作
上野正彦
脚本
児玉宜久 西岡琢也
監督
吉田啓一郎
キャスト
篠原葉月
仙道篤志
三田村真一
堀井聡子
畑総一郎
及川典子
蜂須賀芳樹
鍋島千代子
……
……
……
……
……
……
……
……
高島礼子
地井武男
梨本謙次郎
星由里子
金田明夫
藤田弓子
小野武彦
阿知波悟美
 
あらすじ

美人で独身、もっぱら仕事が恋人の篠宮葉月は、死体を解剖して死因を解明する監察医。亡くなった親友の夫で城北警察署の刑事・仙道とは公私共につき合いがある。


 ある日、公園のテントの中でホームレスの変死体が発見された。首には索状痕があり、葉月は他殺の可能性を示唆する。被害者の男性は仲間内で「テツ」と呼ばれていたが、身元を示すものを所持しておらず、仙道ら警察による遺留品の捜索と周囲の目撃者探しが始まる。テント内には、なぜか大量のテレホンカードが残されていた。


 解剖の結果、被害者の死亡推定時刻は前日の午後10時を挟んだ1時間前後。死因は絞殺による窒息死と判明する。頬には殴られた痕も確認された。その後の調べで、被害者は生前誰かを強請っていて、殺される直前に男ともみ合っているところを目撃されていた。大量にあったテレホンカードは強請り相手に連絡をするために使っていたと考えられ、遺留品から相手の電話番号らしきものが見つかる。


 一方、葉月は事件当夜に出席していた医大時代の同級生の結婚披露パーティーに姿を見せなかった昔の恋人・三田村真一に会いに山形県・上山を訪れる。婚約直前に一方的に別れを切り出された葉月にとっては胸のうずく過去だ。地元で医者をしている三田村と久しぶりに再会した葉月は、あのパーティーの晩に携帯電話で話をしている三田村を見かけていたことを離す。三田村は、患者が急変したとの連絡が入り出席できなかったと告げた。


 翌朝、上山の駅に仙道と部下の倉田刑事が現われる。被害者の脅迫相手が三田村だったと言うのだ。何かの間違いだと叫ぶ葉月だったが、三田村は連行され、事情聴取を受ける。生みの親に捨てられ,祖母と2人暮らしの苦労の末に医者になったと言う三田村は、誰からも信頼される評判の医者だった。しかし 三田村は、被害者と会って金を渡したと告白。殴ってすぐその場を離れたと主張するものの、その理由や被害者の身元に関して黙秘を続けたことから、葉月の願いも空しく殺人容疑で東京へ移送となる。


 翌朝、伊崎次郎というホームレスの溺死体が発見された。彼のテントからはテツ殺しを自白する遺書と現金入りの封筒が見つかるが、仙道はどこか腑に落ちない。そんな中、三田村が福永と言う弁護士によって釈放される。


 一方、葉月は週刊誌の広告で偶然目にした美容エステ会社の社長・堀井聡子を事件当夜に見かけたことを思い出す。さらにその広告と同じものが、死亡したホームレス2人のテントにあったことに気づく…。