←第170回

第171回
第24回横溝正史ミステリ大賞:優秀賞
テレビ東京賞受賞作
みんな誰かを殺したい

テレビ東京 10/6(水)20:54〜22:48
BSジャパン 10/3(日)21:00〜22:54
原作
射逆裕二「みんな誰かを殺したい」より
脚本
西岡琢也
監督
黒沢直輔
キャスト

溝口亘
町村寄子
塙研一
阿久根美香
溝口宏子
藪中淳也
相米文彦
植松政久
黒木刑事
山代刑事 

・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
・・・
三浦友和
高岡早紀
渡辺いっけい
洞口依子
深浦加奈子
浜田学
木下ほうか
伊藤洋三郎
蟹江一平
鶴田忍
あらすじ

ある夜、警視庁捜査一課の警部補・溝口は、急死した父親が残した備忘録を読んでいた。そのなかにあった「どうしてかくも人は誰かを殺したがるのか」という言葉―。溝口は、同じ警察官だった亡き父の思いに触れ、この言葉を噛みしめていた。


その頃―。
出産間近の妻と生まれてくるはずの子供を亡くした男・塙研一は、担当医である常盤康平を逆恨みし、殺意を抱いていた。


ある夜、塙は町で偶然出会った「阿久根」と名乗る男から、若い女の死体を強盗殺人に見せかけてくれと頼まれた。常盤殺害のために拳銃を手に入れようとしていた塙は、金と引き換えに、その依頼を引き受ける。死んでいた女は笹森尚美というホステスだった。


塙は「阿久根」から残りの金をもらおうと会社に出向いたが、そこで、阿久根の妻・美香を見かけ、後をつける。阿久根の秘書・藪中と密会していた現場に踏み込んだ塙は、それをネタに美香から金をとろうとするが、美香が阿久根からひどい扱いを受け、激しく憎んでいることを知り、自分が阿久根を殺す代わりに常盤を殺してくれないか、と交換殺人を持ちかける。


そして約束通り、常盤が殺された。


溝口は捜査を始めたが、常盤を恨んでいたとして名前が挙がった塙には、完全なアリバイがあった。


妻と子供を亡くし、医者に恨みを持つ塙に、溝口は、昔の自分を重ねていた。実は溝口も、生まれてくるはずの子供を亡くし、担当医を殺そうと思うほど、激しく恨んだ過去があった。妻の宏子が必死に留めたのだ。


溝口は、塙が常盤殺しでは完全なアリバイがあるものの、なぜか関係のない尚美が殺された現場で目撃された男の似顔絵に似ていたことが気になり、塙がなんらかの形で事件に関わっているのではないかと捜査を続けた。


一方、OLの町村寄子は不倫相手・植松のためにした借金の返済に苦しんでいた。ヤミ金融業者・鈴木からのいやがらせに耐えかねた寄子は心中を図ろうと、植松を日の出町の旅館に呼び出したのだが、そこへやってきたのは鈴木だった。自分の居場所を鈴木に教えた植松に、寄子は憎悪を募らせる。


同じ頃。塙は美香との約束を果たすため「阿久根」を呼び出していた。塙の張り込みをしていた溝口は跡をつけるが、日の出町近くの山道で見失ってしまう。


その後、塙は日の出町の峠で「阿久根」を殺害。しかし近所に住む男に目撃され、慌てて立ち去る。そこに偶然通りかかったのが、旅館から帰る途中の寄子だった。寄子は男から「警察を呼んでくるまで死体を見ててくれ」と頼まれるが…。


美香との約束を果たし、自宅に戻った塙だったが、テレビのニュースを見て愕然とする。自分が殺したのは阿久根ではなく、千住という、まったくの別人だったのだ。だが、千住という男の顔は、確かに自分が会った「阿久根」だった。なぜ…。しかし、これでは自分の復讐は終わらない。塙は次の行動に出る。


溝口は、千住が殺された場所が「日の出町」だったことがひっかかった。塙を見失ったのも日の出町だったからだ。しかも千住殺しで目撃された男の顔は塙に酷似していた。


尚美殺しの現場で目撃された男も塙に似ている…。しかし、塙が本当に恨んでいるのは常盤だ。溝口は、塙が3つの殺人事件に関わっていると思いながらも、関係が見えない。


しかし、さらに驚愕の事実が判明する。日の出町で見つかった死体は千住のものではなく、別の男のものだった!千住の死体が別の場所で見つかったというのだ。


では別の男とはいったい誰なのか?


事件の真相を追う溝口は、3つの殺人事件に隠れて、もうひとつの殺人事件が起きていたことを突き止める。


そして、また新たな殺人が起きる予感が…。
「どうしてかくも人は誰かを殺したがるのか」。
溝口は亡き父が書き残した言葉を胸に、もうこれ以上人殺しはさせないと、事件の阻止に全力を挙げるのだった。