テレビ東京
平日:夜11時58分~
土曜:夜10時30分~
日曜:夜10時54分~
BSジャパン
平日:深夜0時58分~
土曜:深夜1時~
日曜:深夜1時5分~

Road to London 企画 ロンドン五輪への道:NEOSTAGE 厳選アスリート五輪への道

メダル期待のサウスポー釘宮 智子

2010年04月26日

2012年のロンドンから、オリンピック新種目となる女子ボクシング。 タレント山崎静代の挑戦で一躍脚光を浴びているが、メダル候補の呼び声高い選手がいます。
アマ全日本3連覇の女子ボクサー、釘宮智子。
小学6年のときにボクシングを始め、高校時代から、全日本女子アマチュアボクシング大会バンタム級2連覇。 その後は、五輪で採用されている階級・ライト級に転向し、6連覇中の強豪・水野知里を決勝で下し優勝、オリンピック強化指定選手に選ばれました。 そんな彼女には、約束がありました。彼女が中学2年のときに、父が病気で他界。亡くなるに前に、オリンピック出場を誓ったのです。 その当時は、まだ、女子ボクシングがオリンピックに採用されておらず、いわば、無謀な約束でした。しかし、正式種目となった今、彼女は、父との約束を目指し、走り続けています。

釘宮 智子

1991年09月18日奈良県出身
小学6年のときにボクシングを始めた。 ロサンゼルス五輪出場の高見公明に指導を仰ぎ、16歳で、全日本アマ、史上最年少優勝。 奈良朱雀高校在学中には、1年と2年との時に、 全日本女子アマチュアボクシング大会バンタム級(51kg以下)で2連覇を達成。 その後は。ロンドンオリンピック出場を視野に入れ、階級をライト級へと変更、2010年、3月全日本女子アマチュアボクシング大会 ライト級へ出場。ライト級6連覇中の水野知里を決勝で下し優勝、 オリンピック強化指定選手に選ばれました。 平成国際大学に進学後は、世界王者・内山高志を育て上げた名監督・木庭浩介のもとで、 ロンドン五輪出場を目指している。

釘宮智子

ディレクター後記

普段は、おとなしい感じの釘宮選手ですが、本当に、芯が強いというか、目標に向って、1歩1歩進んでいるなという感じがします。 そんな彼女を、アマボクシング界に君臨するふたりの名監督が強力タッグを組んで支えています。 ひとりは、現在彼女が通う平成国際大学・木庭浩介監督。あの現役世界王者・内山高志の高校の恩師です。さらに、奈良朱雀高校の高見公明監督。 自らロス五輪出場経験もあり、元世界王者・名城信男選手を育て上げた監督です。 少女の頃から釘宮選手を指導、高校時代、そして今も、彼女を知り尽くす高見監督が支え続けています。 ロンドンから五輪新種目となる女子ボクシングは、各階級、世界でわずか12人しか出場できない超難関です。しかし、高見監督と木庭監督の強力タッグ。そして何よりも、釘宮選手自身のゆるぎない決意が、きっと彼女をオリンピックへ導いてくれると信じています。 是非出場権を勝ち取ってほしいと思っています。(三瓶)

バックナンバー
PAGETOP