2007.08.25放送
小室 正則(こむろ まさのり)
テーマ:『波と生きる伝説』

日本人初のプロサーファー小室正則氏。
17歳でサーフィンを始め、42年。日本のサーフィンの礎を築いた彼が“波”から教わったこと・・・
それは、波は体も心も鍛えてくれる。時には、考え方も変える、波は先生なのだ。60歳を目前にし今も若者に「勝てる」という彼は、波と生きる男なのである。

 

種目:プロサーフィン
生年月日:1948年8月8日
年齢:59歳
出身地:神奈川県藤沢市辻堂

■経歴
1965年 17歳でサーフィンと出会う。
1967年 19歳で全日本サーフィン選手権大会優勝。

以後、数々の輝かしい戦歴を残す。早い時代からハワイを始めとした海外へ積極的に足を運び、ジェリー・ロペスなどの世界的なレジェンドとも親交を深めた。 1991年 JPSAロングボードサーキット発足に尽力。

現在、「マーボーロイヤルハワイ」代表。 湘南工科大学ではシーズンスポーツを取り入れた初の試みとしてサーフィン講義の講師を勤める。

JPSAロングボード部門 優勝1回
  世界プロサーフィン選手権入賞 5回
JPSA発足以来、16年間16以内をキープ