澤野 大地(さわの だいち)

2008.3.22 放送
澤野 大地(さわの だいち)
テーマ: 『選ばれし者の悩み』

棒高跳び・日本記録保持者、澤野大地選手。アテネ五輪にも日本人として20年ぶりにファイナリストへ。しかし・・・昨年の大阪世界陸上で予選落ちとなってしまう。その時、彼が感じたことは「今までやってきた事が間違っていたわけではない」ということだった。日本のトップに立つ澤野選手には、もうひとつの夢があった。

 

種目:棒高跳び
生年月日:1980年9月16日
年齢:27歳
出身地:千葉県
身長:164cm


■経歴
中学1年から棒高跳びを始め、中学3年で全日本中学大会に出場。陸上競技の名門、成田高校に進学してインターハイで2度の優勝。日本大学では、ジュニア日本記録、日本学生記録を樹立。03年以降、日本記録を3回更新。日本人として五輪の棒高跳種目で決勝に進出したのは20年ぶりという大きな活躍を見せた。06年は積極的に1人でヨーロッパに転戦。25試合という例年にない試合数をこなし、 9月には目標にしていたワールドアスレチックファイナルに出場を果たし6位。アジア大会では金メダルに。07年4月からはプロへと転向し、アジア圏ではまだなしえていない6mという記録に挑戦し続ける。

自己最高:5m83(日本記録/2005.5.3)
2004年 アテネ五輪ファイナリスト
2005年 ヘルシンキ世界陸上8位入賞
2006年 アジア大会金メダリスト