share!

ラグビーW杯 台風で2試合中止決定 日本戦は当日朝に判断

ラグビーのワールドカップについて、台風19号が日本へ接近する影響で、12日土曜日に予定されている2試合について主催側は、中止することを決めました。
中止になる試合は、愛知県豊田市の会場のニュージーランド対イタリアと横浜市の会場のイングランド対フランスの2試合です。
福岡市で開催される日本と同じ1次リーグA組、アイルランド対サモアの試合は実施する予定です。
ワールドカップの試合が中止になるのは異例で、大会規定では、中止の場合は、引き分けの扱いとなり、両チームに2ポイントが与えられます。
中止となった試合のチケットは全額が払い戻しされるということです。
また13日、日曜日は、日本対スコットランドなど4試合が組まれていますが、主催側は、交通手段なども考慮し当日の朝に実施するかどうか判断するということです。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ