share!

山口組ナンバー2が出所

国内最大の指定暴力団、山口組をめぐる抗争の激化に警察が警戒を強めています。
けさ、国内最大の指定暴力団、山口組ナンバーツーの高山清司若頭が刑期を終えておよそ5年ぶりに出所しました。
恐喝罪で服役していた高山若頭を乗せた車は、東京・府中刑務所を出て、午前7時頃に品川駅に到着しました。
高山若頭は、首にコルセットを巻いて杖をつきながらゆっくり歩き組員らに囲まれながら、ホームに向かいました。
山口組は、現在、神戸山口組など3つに分裂していて、互いに対立が強まっています。
高山若頭の出所によって、抗争が激しくなる可能性があり、警察は警戒を強めています。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ