share!

デブリ2号機から取り出しへ

政府は、東京電力福島第1原発の廃炉・汚染水対策チームの会合で溶融核燃料=デブリの取り出しを2021年中に2号機から始めることを正式にロードマップの改定案に明記しました。
また、2031年までに1号機から6号機すべてで使用済み核燃料プールに残る燃料の取り出し作業を終えることも盛り込まれました。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ