share!

有効求人倍率 大幅減

厚生労働省がきょう発表した5月の有効求人倍率は前の月から0.12ポイントと大幅に低下した1.20倍で4年10ヵ月ぶりの低い数字となりました。
新型コロナウイルス感染症による営業自粛で宿泊や飲食などの新規求人が大幅に減ったほか事業主の都合で仕事を失った人が大幅に増えた事が影響しました。
また、総務省が発表した5月の完全失業率は前の月から0.3ポイント増えた2.9%で3ヵ月連続で悪化しました。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ