share!

米トランプ大統領 「デジタル課税」対立解消に前向き

トランプ大統領は3日、フランスのマクロン大統領と会談し、フランスが導入した大手IT企業を対象とする「デジタル課税」をめぐる両国の対立解消に前向きな姿勢を示しました。
一方で、問題が解決できなければ、「大規模な制裁関税を課す」としています。
フランスの「デジタル課税」をめぐってアメリカ政府は、2日、不当にアメリカの企業を差別しているとして、24億ドル=日本円にしておよそ2,600億円相当のフランスからの輸入品に、最大100%の制裁関税を検討すると発表しています。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ