share!

ユニクロ決算

カジュアル衣料品店「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングが決算を発表し、増収増益となりました。
また、韓国での不買運動についても言及しました。
ファーストリテイリングの2018年9月から2019年5月までの連結決算は、売上高が1年前に比べて7%増えた1兆8,228億円純利益も7%増えて1,586億円でした。
国内のユニクロが1年前よりおよそ2割の減益となりましたが、海外のユニクロが好調で業績をけん引しました。
一方、韓国で広がりを見せる日本製品の不買運動については次のように述べました。
この様に述べ一定の影響は認めたものの限定的な動きだとして全体の業績に与える影響は大きくないとしています。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ