share!

ワシントン・リポート1「景気後退は近いのか?─ギータ・ゴピナートIMFチーフエコノミストに聞く」

今、世界経済が減速しています。
IMF(国際通貨基金)は、10月発表した最新の「世界経済見通し」で、2019年の世界の経済成長率を「3%」に引き下げました。
下方修正は、去年10月から5回連続です。
本格的な「リセッション=景気後退」はやはり近いのか?IMFでチーフエコノミストを務めるギータ・ゴピナート氏に、今後の世界経済の見通しについて聞きました。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ