share!

スノーピーク白馬に新事業

スノーピークはキャンプや地元の食材を使った料理を楽しめる
複合施設を長野県の白馬村にオープンすると発表しました。
来年4月にできるこの施設は、
キャンプを楽しみながら宿泊もできる「野遊びエリア」と、
食事や買い物のできる「店舗エリア」などに分かれています。

その見所は...
「建築は隈研吾さんの設計なので、(白馬村の)1番のランドマーク的な施設になる」
また、店舗エリアにある国内最大級のスノーピーク直営店には、
多くのキャンプ用品やアパレルグッズが並び、レンタルすることもできます。

「白馬に来られたインバウンドの方が本国に帰ってからスノーピークのという両方向のメリットがあると考えられる」
スノーピークは今海外に向けた事業戦略も進めています。
先月、イギリス・ロンドンにヨーロッパ初のスノーピーク直営店がオープンしました。

売り上げは順調で、
日本の高級アウトドアブランドとして評価されているということです。
来年春にはアメリカに進出し、
今後は世界のリゾート地でのキャンプ場運営を 視野に入れています。
「(進出は)まず欧米にフォーカスしていきたい。今は海外売り上げの構成比は20%だが、50%くらいに上げたい」

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ