share!

バス内で「イチゴ摘み」ツアー

あすから5日間限定で運行するこのバスツアーでは、1階部分でいちごを摘み、2階でイチゴスイーツと紅茶を楽しみながら国立競技場など東京の新名所を巡ります。
企画したのは佐賀県で、使われているイチゴは、県内で1年前に開発された新品種「いちごさん」。
現在いちごさんは佐賀県内のイチゴ栽培面積の半分ほどを占めていて、ことしの出荷量はおよそ3,000トンと去年の4倍。
佐賀県では、今後さらに東京など県外への出荷を増やしていく考えです。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ