share!

韓国WTO候補者 日本からの支持に自信も 日本政府は冷ややか

WTO=世界貿易機関の事務局長選挙に立候補した韓国・産業通商資源省の兪明希・通商交渉本部長は16日、スイス・ジュネーブのWTO本部で会見を開きました。
会見の中で、兪氏は輸出管理の強化をめぐって対立の続く日本からの支持に自信を示しました。
「韓国と日本は、多国間貿易システムを維持、促進、強化していく必要があるという認識を共に共有していることを私は強調したい。日韓両国とも多国間貿易システムとWTOの恩恵を受けている国で、WTOが危機に瀕している今、WTOを救い、推進するために共に努力することがより重要だ。実際に日本と韓国はこれまで、多くの問題で協力してきた。日本が候補者を選ぶ時、日本にとって重要なのは、WTOを維持、強化し、さらにはWTO改革にも取り組むことができる人物、候補者の力量と能力だと確信している。その点で、私は日本に手を差し伸べ、WTOに対する私のビジョンを提示する。日本もまた、貿易をめぐる紛争という観点からではなく、多国間貿易システムを救い、促進するという観点から、この問題にアプローチしてくれると確信している」WTOの決定は全会一致が原則のため、韓国の兪氏が事務局長選挙に勝利するには日本からの支持が不可欠となります。
ただ、韓国とは、元徴用工問題や半導体材料の輸出管理をめぐる対立が改善する兆しがなく、日本政府内には冷ややかな見方が多いのが現状です。

最新ニュース

    さらに読み込む

    ページトップ